bisenの基本理念

夢を“夢で終わらせない”ために基礎力重視の実践教育により、一人ひとりを大切に指導します。

大学と一味違う bisenの教育 本校は創立50年。デザイン系では道内で最も歴史があり、今日ではアート・デザイン・建築などの総合専門学校に発展しております。
これまでに9000名以上の卒業生が各分野で活躍しており、なかには親子・兄弟・姉妹がbisen卒業生という熱心な“bisenファミリー”もおります。
さて、このような本校が強く主張したいことがあります。それは、bisenが他校とは全く異なる個性を持った学校であり、大学・短大などとも質の違う教育を目指しているということです。
学問や教養より、“仕事に主体を置いた専門”を深く研究し実践していく、これがbisenの基本理念であります。
平成26年度には、企業と連携して職業に必要な実践的かつ専門的な能力を育成する教育機関として、昼間部2年制全専攻が文部科学大臣より「職業実践専門課程」の認定を受けました。大学では出来ない教育がbisenの教育であることを確信しております。
志を持った皆さんは、bisenを選ぶか大学を選ぶか十分に考えてから、進学していただきたいと思います。

HOKKAIDO COLLEGE OF ART & DESIGN bisen

創立50年の伝統が育む 教育への想い・目標

熱意/学びたい・仕事に就きたいという強い意志の現実に向かう熱意を大切にしたい。 創意/ものを生み出すということは素晴らしいこと。そのためには自分の中の「独創力」を鍛えよう。 決意/学ぶ上で、無数に広がる道の中から選んで決めるということはとても難しいが重要なことでもある。 専門知識・技術の習得/社会人としての基礎力/希望者全員の就職

bisen全職員の教育目標

  • 熱意、決意、創意を重んずる
    教育ができているか?
    専攻を学ぶ決意、熱意と独創力の大切さを指導
  • 履修する専門知識・技術・技能は、
    業界基準や企業評価に耐えうるか?
    現場企業との協力・連携を高め、業界全体に本校学生の評価を高める
  • その教育は高い授業料を払ってでも、
    受けるべき価値があるか?
    学生の「わかる」「できる」を教育として可視化・具体化する
  • 社会人としての基本を
    教育できているか?
    挨拶、報告・連絡・相談、提案、納期(提出日)の指導

創立50年の伝統が育む 教育への想い・目標

授業は8割が演習
1
頭で考えたものを実際に制作する。bisenの授業の8割が課題制作を柱とした実践授業で、「ものづくり」の中から新しい創造性を創出します。
授業は仕事のシミュレーション
2
課題はほとんどが仕事を意識したテーマで、将来、デザイン業界に進んだ時に、実際の仕事として依頼されそうなものばかり。課題を通して仕事のシミュレーションを体験します。
コンペに応募を考慮した課題制作
3
bisenには全国からコンペの案内が多数来ており、授業と連動して、コンペのテーマを設定することもあります。完成作品は積極的に応募し、全国規模のコンペで好成績を残しています。
全専攻に担任制
4
各専攻ごとにクラス分けされており、それぞれの業界でクリエーターとしての実績を持つ担任がおります。講師と連携を取り、一人ひとりを大切に指導していきます。
目指す職種に対応した課題制作
5
目指す業界・職種によって学ぶ要素は微妙に変わります。bisenは、より職種に密着した授業を進めるため、選択科目を設定しています。例えば、イラストでは、漫画、絵本、版画などの選択科目があります。
一流のプロから学ぶ特別講義
6
トップクラスの著名クリエーターを講師に招き、全学生を対象に実施。プロが手掛ける実際の作品を見ながら、クリエーターとしての考え方やものの見方などを学びます。
資格取得をサポートする検定対策
7
本校では在学中に様々な資格取得が可能です。色彩士、CADトレース技能審査など、授業そのものが資格に連動したものが多く、毎年高い合格率を残しています。
デザイン現場を実体験する企業研修(インターンシップ)
8
短期研修として企業に出向し、実社会でデザイン現場を体験します。このインターンシップで就職内定を獲得する学生も多数います。
綿密に計算された
3・2年間のカリキュラム
9
プロになるためのカリキュラムが綿密に計算され、週5日(夜間3日)きっちりと授業が組まれております。
●昼間部2年制(職業実践専門課程)/3年制(専門課程)
 週5日 9:30~15:40
●夜間部(一般課程) 週3日 18:30~21:30
専修学校各種学校
学生・生徒災害傷害保険
10
授業中、行事中、学内休憩時間中、課外活動中、通学中、学校施設等相互間の移動中、いずれか該当する間に生じた、急激かつ偶然な外来の事故による傷害事故が起きた場合、保険の補償を受けることができます。

充実した支援体制 就職への取り組み

就職は、学校を選択する上でとても重要な要素です。美専学園では、教員と就職担当部署のキャリアサポートセンタースタッフが連携し、就職へ向けた支援体制を整えています。
また、単に就職決定でなく、本当にやりたい仕事で就職することを目指しています。毎年、就職を希望する学生のうちほとんどがデザイン職種での就職を決めています。bisenの多くの専攻は、受け入れ企業側も大歓迎で、ますます細分化される専門職種にもしっかり対応しています。

  • 美専学園の就職実績はこちらから bisenの就職実績
  • 本校が教育する職域分野